•   
  •   
  • 引っ越しのダンボールのことや梱包テクニックについて祐也に講義をお願いしてみたよ!

引っ越しのダンボールのことや梱包テクニックについて祐也に講義をお願いしてみたよ!


この記事がおすすめの方

  • ダンボールをもらえる引っ越し業者にお願いしようか迷っている方
  • ホームセンターやスーパーにダンボールをもらいに行こうと考えている方
  • 引っ越し業者に頼まず自力で引っ越しを考えている方

大学が学園祭開催中で講義が1週間お休みだった祐也から連絡をもらってファミレスでごはんを食べたんですけど、そのときにこんな話になったんです。

1人暮らしの準備、どうよ?

うん。着々と進めてるよ。外堀埋める感じだけど

祐也にお願いがあって…

アルバイト先でダンボールとかもらえる?

ん? あ、あぁ。引っ越しで使うやつ?

そうそう、洋服とか本とか入れたいんだよね
あ、思い出した。久しぶりだね! 何年振り?
小学校卒業以来だから10年ぶりぐらいだよね
うーん、俺的には買ったほうが良いとは思うんだけどさ…
またまたぁ、商売魂に火が点いて^^
そういうつもりじゃなくて。俺、ホームセンターで働いてきたからこそ、あまりおすすめしないんだ
どういうこと?

ホームセンターやスーパーによってはダンボールを「ご自由にお持ち帰りください」と書いて入り口付近に置いてある場合があって、僕は引っ越しのときにもらいに行こうと思っていたんですが、祐也からはあまりいい反応がなくて…

その理由について祐也に聞くと「なるほどね」と納得したのでした。

そこで、祐也にお願いして、その点、詳しく講義をしてもらいました(笑)

ホームセンターやスーパーでダンボールをもらうのをおすすめしない3つの理由

どうも。こんにちは。祐也です。

引っ越しといえば、物流に相通ずるものがあると思っています。

物流のかなめは梱包と搬送です。

梱包が上手ければ搬送も上手く行くのです。

しかし、梱包に欠陥があると搬送は混乱します。

引っ越しも同じなんです。

梱包といえばダンボールですよね?

ダンボールの分類パターン

  • 新品のダンボール
  • 中古のダンボール
  • 購入したダンボール
  • タダでもらえるダンボール
  • 頑丈なダンボール
  • 貧弱なダンボール
  • 大きいサイズ
  • 中くらいサイズ
  • 小さいサイズ

ホームセンターでアルバイトをしていると「引っ越しをするから」などの理由でダンボールを大量にもらいに来られる方がたま~にいますけど、あまりおすすめしません。

それは、3つの理由があるからです。

  • 衛生上の理由
  • 強度の理由
  • 搬送上の理由

どういうことなのか詳しく説明していきたいと思います。

 

衛生上の理由

一見、清潔そうに見えるダンボール。

商品を出してすぐのタイミングでもらえた箱であれば、ラッキーです。

しかし、清潔そうに見えるダンボールでも、在庫としてチリやほこりが舞っているバックヤードで長期間保管状態だったものもありますし、虫が紛れ込んでいるケースもあります。

また、店員がダンボールから商品を出して棚に陳列する際に、袋や紙のごみをまとめるごみ箱として使うこともしばしばです。

中身を出して折りたたんだときに地べたに置くこともありますし、靴で踏みつけることもあります。

もし、お店でごみ箱として使っていたダンボールに衣類やタオルを入れてしまっていたとしたら…

想像しただけでイヤですよね?

しかしながら可能性としてそういうこともあるのです。

引っ越ししてダンボールに入れていたものをすべて洗濯して干すかといえば、しませんよね?

それだけに、どういう使われ方をしたかもわからないダンボールに洋服や荷物を入れるのはあまり好ましいとは思えません。

どうしても清潔なダンボールがタダでほしい場合は、

行きつけのお店の商品出しの時間帯を把握しておいて、その時間にお店に行って店員に声かけして直接もらってくる方法が一番手堅いです。

 

強度の理由

お店で商品を出して、要らなくなったダンボールはどこに保管されるのか?

バックヤードもしくは外です。

折コンテナに重ねられて放置されます。

バックヤードの中ならまだいいのですが、外に放置されて風雨にさらされたダンボールは強度が弱くなります。

また、頑丈なダンボールは、ちょっと言い方は悪いのですが、力づくで解体しますのでシワができたり破れたりして弱くなるのです。

俺の経験上、紙おむつが入っているダンボールは頑丈だと思います。

紙おむつ売り場で紙おむつを補充している店員がいればタイミングよく頑丈な箱をもらえる可能性はあります。

 

搬送上の理由

どうして、お店でもらってきたダンボールが搬送上、良くないのか?

ありあまりのもので、サイズがふぞろいだからです。

サイズが揃っていれば、トラックのなかで積み重ねていくときに角面がきちんと揃っているため荷崩れは起きにくいと考えます。

サイズがふぞろいだとスキマができたり上手く積み重ねることができなかったりして荷崩れを起こしダンボールがグニャリと変形する可能性もあります。

以上の理由でお店からダンボールをもらうのはあまりおすすめしないのです。

 

ダンボールは引越センターからもらうか通販で購入するほうが無難

ダンボールは引越センターからもらうか購入するのが無難です。

通販サイトでも売っていますし、通販は自宅まで配送してもらえるからおススメです。

1人暮らしの引っ越しですから使用するダンボールもそんなに多くないはずです。

せいぜい10箱、多くても20箱くらいだと思います。

 

引っ越しでのダンボール梱包、ガムテープは布?クラフト?どっちがいいの?

ダンボールの組み立ては布テープで、荷物を入れたらクラフトテープで閉じる

ガムテープは2種類あります。

布テープとクラフトテープ(紙製)です。

引っ越しのときだけではなく、宅急便を出すときなどいろいろと使えますので、両方揃えてほしいところです。

養生テープもあると何かと便利です。

 

ダンボールは布テープで組み立てましょう。

布テープは粘着が強いので底の補強が可能で、十字型にテープをクロスさせて貼ります。

クラフトテープは重量に耐えられないおそれもありますので底の補強に向きません。

新居に搬送が終わったら箱をすぐに開けますから上部は、粘着が普通のクラフトテープが向いています。

 

ダンボールの大中小3サイズは上手く使い分けるべき

ダンボールは各サイズをバランスよく上手く使い分けてほしいと思います。

本やCDなど重たいものは小さな箱に入れます。

時計やプラスチック製品のインテリア雑貨などは新聞紙で包んで中くらいの箱に入れます。

ダウンジャケット、コート、ボストンバッグやビジネスバッグなどかさがある割に軽いものは大きな箱に入れましょう。

 

衣類やタオルの梱包はダンボールじゃないほうがかしこいかも

シャツやカットソーなどの衣類やタオルを衣装ケースに詰めている方はそのまま運んでいただいて大丈夫です。

普段、ハンガーラックやクローゼットに収納しているという方は、どうしてもダンボールに入れて新居まで運ばなければなりません。

実は、ダンボールよりもいい入れ物があるんです。

俺がイチオシするのは、イケアのキャリーバッグLに洋服を詰めることです。

その理由は肩に提げられる長い取っ手(ショルダー)がついているからです。

洋服にダンボールを入れてしまうと、1つしか運べませんよね?

ところがキャリーバッグなら、取っ手のおかげで左右の肩にかけてラクラクと2つ一度に持ち運ぶことができるのです。

しかも、ほかの荷物のダンボールとごっちゃにならず明確に分けることができてしまいます。

新居で「あの洋服どこにあるんだ?」と困ることもなさそうです。

はい。いかがだったでしょうか? 僕も祐也の講義内容を引っ越すときに活かしたいと思いました。

 

まとめ

今回のポイント

  • 引っ越しで使うダンボールは新しいものを
  • 梱包で使うガムテープは布とクラフト、どっちも必要!
  • ダンボールは3つのサイズを上手く使い分けて
  • 衣類やタオルはショルダー付きキャリーバッグに

関連記事