•   
  •   
  • 一人暮らしでも大事、大掃除、大晦日、お正月の門松・しめ縄・しめ飾り・鏡餅、その由来・意味

一人暮らしでも大事、大掃除、大晦日、お正月の門松・しめ縄・しめ飾り・鏡餅、その由来・意味

 

あといくつ寝るとお正月でしょうか?
僕は11月の終わりにオフ会のいつものメンバーで少し早めの忘年会をしたのですが、お正月のお話になりました。
ねえねえ、平成最後のお正月、私ははじめて帰省しないで過ごすことにしたの。
寂しいから誰かお正月、家に遊びに来ない?
まなみん、どうしたの? いつも親思いのあんたが帰省しないってめずらしくない?
だって父と母が…。お正月はじめて温泉旅行に行くんだって。
ということは私、実家に帰っても1人だし寂しいから、時期ずらして1月中旬の三連休に帰省することにしたの。
あらら、まなみん、誘われなかったの?
だって旅行だよ! 夫婦水入らずがいいに決まってるじゃん
じゃ僕、初詣の流れで、まなみさん家にお呼ばれしようかな…。
私も行く!お兄ちゃん、連れてって!
私もこっちにいるから、お正月一緒に過ごそうか^^
うれしいな。おせちとかつくらなきゃね…
まなみちゃんはお正月飾りどうしてる? 毎年飾ってるかい?
いつもは実家に帰省するのでお部屋はカンタンに飾るんですけど、はじめての一人暮らしのお部屋でのお正月ですから気合い入れてやろうかなと…。
みなさんはお正月飾り、どうされていますか?
日本人ですし、日本に住んでいるわけですから、やはり伝統や慣習は継承していきたいものです。何よりも縁起担ぎになりますし。
気持ちよく新年を迎えたいですし^^
そこで今回はお正月飾りの由来や意味、トレンドも調べてみました!
おい! それ僕のセリフなんだけどな…
まずは年長者の私がいちばん詳しいであろうから、お正月の意味から説明するぞ!

 

 

お正月の本当の意味

お正月は単に年号が変わる日ではないぞ。
お正月を語るうえでは実は、大晦日や大掃除のことも説明しなくてはならないんだな…。
ここからは文語体でいくぞ!

 

大晦日は12月31日ですが、かつてその日の夜は「歳神様」が家に訪れるとされていました。

そして1月1日は歳神様をお迎えする日とされてきたのです。

 

歳神様という神様についてはじめて目にした、今知ったという方もいるかもしれませんが、もちろん福を呼び込んでくれる神様だと考えて間違いはありません。

 

その神様の正体ですが、実は鎌倉時代の頃までは亡くなった家族(ご先祖様)と考えられていたようです。

 

 

お正月の飾りつけの種類、その意味と由来

お正月の本当の意味を知ったところで、なぜお正月にはお正月飾りをしなければならないかを説明しましょう。

 

お正月飾りはそもそも福を呼び込むために飾るのではなく、大晦日の夜に家に迎え入れた歳神様(帰ってきたご先祖様)を歓迎するために飾るものなのです

 

お正月飾りには、

 

  • 門松
  • しめ縄、しめ飾り
  • 鏡餅

 

があります。

 

門松、しめ飾り、鏡餅にももちろん、意味や由来がありますのでご紹介します。

 

門松の意味、由来

神社に行くと、砂山の上に笹や松の枝が刺さっているのを見かけたことはないでしょうか?

 

これは「依り代」というものです。

どういう意味を持つかですが、これは神様が降臨する際、目印として用いられているとされています。

 

もうおわかりのとおり門松は、いわば歳神様が降りてくるための「依り代」なのです。

松は常緑樹で生命力が強く、竹は節がありまっすぐに伸びることから、日本では古来より縁起ものとされてきました。

 

門松が玄関先の目立つところに飾られる理由は「ここに降りてきてくださいね、歳神様、ご先祖様」という願いが込められているのですね。

 

しめ縄、しめ飾りの意味、由来

しめ飾りは神社のしめ縄をイメージしてつくられたものであり、しめ縄に願いを込めて縁起物の飾りをつけたのがはじまりです。

 

しめ縄は門松と同じく「依り代」の意味合いもあるといわれています。

 

しかしただの依り代ではなく「我が家を清浄にしましたから、どうぞお入りくださいませ」という

 

  • 清浄な場所になりました
  • 歳神様にふさわしい場所になりました
  • 迎え入れることができるようになりました

 

目印的意味合いが強いようです。

 

 

神社と同じように我が家も神様を迎え入れるにふさわしい場所になりましたと示したいのです。

 

もしかして、家を清浄なものにする儀式が大掃除
そうよ。
だからお母さん、年末は計画的に隅々までお掃除を頑張っているのよ。

 

またしめ縄は、不浄なものや災いのもとが入ってこないよう、迎え入れた歳神様が家の外へ出て行かないよう、結界を張るために飾るともいわれています

よってしめ縄には「目印」「結界」という2つの意味合いがあるのです。

 

そんな「目印」「結界」という2つの意味合いを持つしめ縄・しめ飾りは全国各地、さまざまな形状のものが存在しています。

もちろん実家やお住まいの地域で年末、販売されているしめ縄やしめ飾りを飾るといいです。

 

なおしめ飾りに用いられる素材にも意味がありますので、ご紹介しておきます。

 

代々、繁栄しますように
裏白 裏表のない清らかな心で一年、過ごせますように
譲り葉 子孫が途絶えませんように
昆布 よろこぶ(喜ぶ)

 

 

鏡餅の意味、由来

お正月飾りとして最もポピュラーなのが鏡餅ではないでしょうか。

もちろん鏡餅も神聖なものです。

 

鏡餅はお迎えした歳神様へのおもてなしの品として飾るといえます。

鏡餅もまた歳神様の「依り代」となっています。

 

歳神様が家の中にいる間、鏡餅に依りつき新年の幸福や恵み、魂(生きる力、気力)を分けらえるといわれています。

 

鏡餅に歳神様の御魂が宿り餅玉となります。

その餅玉を家長が家族に分け与えた風習がかつてのお年玉でした。

 

お正月飾りは実家に帰ると昔からある伝統的なものを飾ってあるんだけど、インターネットでどのようなものが売られているか確認したら、
・現代風
・モダン風
・カジュアルなもの
・北欧風
・西洋的なもの
などが売られているんですよね…。どれもかわいくて^^
バリエーションが豊富なんですね…。

 

今現在のお正月飾りのトレンド

 

年末になるとフラワーショップ、スーパー、ホームセンター、雑貨店、八百屋、露店などで門松、しめ縄、しめ飾り、鏡餅などのお正月飾りが売られていますが、お店によっては今風のおしゃれなアイテムも販売されています。

 

たとえばしめ飾りですが、ドライフラワーや木の実などをつけた、まるでアート作品のようなカラフルなものが売られています。

実はかなりの工夫が凝らされていて、お正月を過ぎたら水引を外してドライフラワーの部分だけ残しインテリアとして活用できるようなデザインになっているものもあるのよ。

 

鏡餅も餅を飾らず、プラスチック製のものに袋入りの餅が入っているものを使う家庭が増えましたが、ガラス製、木製のハンドメイド鏡餅も実際に販売されています。

 

でも僕は、できれば昔からある伝統的なお正月飾りを飾ってほしいなと思います。
時代は変わっていくものですが、意味があるもの、継承されてきた伝統的なものは無理をして変える必要はないのではと思うのです。
わかった! 実は私もそう感じてたの。
実家と同じようなお正月飾りをするわ。
そういえばお正月飾りって、飾ったらいけない日があったわよね?
え? そうなんですか?
あらら、やだわ。
私がいつもやってあげてるからまだ教えてなかったわ。
昨年も一人暮らしのお部屋に年末行って私が飾ってあげたし、当然よね…。

 

 

お正月飾りをしてはいけない日

お正月飾りをしてはいけない日ですが、
  • 12月29日
  • 12月31日(大晦日)

です。

 

29日の9が苦、二重苦という意味合いで不吉、31日は一夜飾りになり、それは葬儀と同じなので縁起がわるいとされているのです。

 

まとめ

お正月やお正月飾りの意味などを知り、新年を迎える気持ちがこれまでと違うような気がしています。

 

今年は僕も12月28日までに飾るか30日に忘れないよう飾ります。

 

もちろんしめ縄などを飾るのは大掃除のあとですから、大掃除は12月27日までにがんばって終わらせるようにしたいと思います!

 

関連記事