隣の部屋の人がうるさい!よくある7つの音トラブルと対処法


ご近所トラブルは、
  • あいさつ
  • 共用部(廊下・エレベーター・郵便受け・宅配ロッカー・自転車置場など)
  • ペット
  • ゴミ出し
  • 管理組合・町内会
  • 周辺施設

などが想定できるのですが、クラウドワークスで1人暮らしの方100人に遭遇したことのあるご近所トラブルについてアンケートを実施してみたところ、51人が音トラブルを経験していました。

 

・被害に遭っている場合、解決方法は?

・知らず知らずに迷惑をかけてしまった場合は?

 

アンケートの回答から事例と対処法を考察してみます。

 

事例:一人暮らしの音トラブル7つ

1.ライフスタイルのちがい

〇隣人が夜勤の仕事で、夜中に帰ってきて洗濯機を回しています。その音で毎晩、起こされます。(20代女性)

〇隣人が早朝、テレビや音楽を大音量でかけます。壁伝いで聞こえます。(30代女性)

 

2.大勢の来客

〇隣人が夜遅く仲間を連れてきて騒いでいます。(40代男性)

〇1Kなのに隣人が8~10人ぐらい友達を入れて夜中まで騒いでいました。(20代女性)

 

3.薄壁から聞こえる音

〇音楽や足音、話し声がうるさく、一度、注意したら口論になりました。(30代男性)

後半に説明しますが、直接、注意しにいかないほうがいいですよ

結局は、後日、大家さんに苦情を申し出て、注意してもらうことにしたそうです。

 

〇夜間、隣人が、壁が振動するくらいの爆音で音楽を聴いています。(20代女性)

 

4.謎の音?

〇何の音か不明ですが、上階からドンドンという音がずっと聞こえます。(40代男性)

 

5.非常識な音

×夜、洗濯や掃除をしていたところ「うるさい!」と苦情が入りました。(40代女性)

 

どういう事情であれ、夜、洗濯機や掃除機をかけるのは非常識ですよ。夜しかできないのであれば、洗濯機はナイトモード・静音機能のあるもの、ほうきやモップで掃除するようにしてくださいね。

 

×友達と朝までベランダに出てしゃべっていたら「うるさい!」と言われました。(30代女性)

不動産会社勤務です夜間、就寝するときはテレビや音楽は消すため、外の会話は意外と聞こえていますよ。

 

×「深夜のシャワーがうるさい」とドアに紙が貼られていたことが。(40代女性)

建物やバスルームの位置にもよるのですが、シャワー音も響きます彼女は夜遅くまで残業されているとのことで朝シャワーに変更したそうです

楽器、テレビゲーム、目覚まし時計も、時間帯によっては非常識になりますので注意しましょう。

 

6.恥ずかしい音

〇上階の女性が、ダイエットのため夜中に運動。(40代男性)

〇隣人が毎晩、遅くまで音楽をかけ大声で歌う。(40代女性)

聞こえていないと思って気持ちよく歌っていたと思います。私も昼間、自宅で仕事しながら歌っているから注意しなきゃ。

〇夏の夜、窓から女性の声とギシギシと何かが軋む音が聞こえてきました。(30代男性)

明らかにあの音ですよね… 管理組合に苦情を入れたところ、同様の苦情が多数あったことがわかったそうです。住人に注意してくれたのでしょうか? それからパタッとなくなったそうです。

僕が当事者だったら、しばらく外を歩けないくらい恥ずかしいです。

 

7.これはやりすぎでは?

ここまで注意されてもおかしくない事例でしたが、これは、

・落ち度ないでしょ
・言いがかりだよね

という事例もいただきましたので紹介しておきます。

 

宅配便を受け取っただけで?

玄関で宅配便を受け取っただけなのに、直後、隣人からドアを叩かれました。(20代女性)

トイレに行っただけで?

夜中にトイレに行っただけなのに、上階から床を叩かれ、ドアに警告文が貼ってありました。(20代男性)

これらは些細な生活音ですよね。言いがかりをつけた人は、よほどイライラしていたか、他人に厳しいのでしょう

 

ただこの場合、自分は悪くないと主張する、悪くないから謝らないのも考えものです。

対応を誤ると、

・口論
・警察沙汰

二次災害を生み出すことも

そうならないためには、どう対応すべきでしょうか? 正しい対処法を調べました。

 

対処法:音で迷惑を被ったとき

僕のオフ会仲間(先輩)でもある光さんのエピソードを交えながら紹介します。

小生が若いときの話です。当時は窓枠にすき間ができるほどの安いアパートに住んでいました。

突如、隣に、昼夜逆転生活を送る人が引っ越してきたのです。そして…

トンテンカンテントンテンカンテン…

真夜中に日曜大工のようなことをはじめ、うるさくて眠れない日々を送るハメに。

 

①管理会社や大家さんに伝える

ガマンできなくなり、小生は管理会社の人に伝えました。しかし、何も変化しませんでした。きちんと注意してくれたようですが隣人は言うことを聞きませんでした。しかも…

警察の注意も聞き入れないくらいの横着者だったのです

 

②深夜の騒音なら警察に通報する

管理会社ではムリと悟った小生は、あまりにもうるさくて真夜中、警察に通報しました。その後、音はしなくなったのですが…

トンテンカンテントンテンカンテン…

翌日の深夜にはいつもの音が鳴り響いていました。

 

③引越しを考える

小生は当時、若くて体もヒョロヒョロで貧弱でした。相手はいかつくて怖そうなオジサンでしたので、自力で解決できないと判断し引っ越しました。
僕も若いので年上の方には強く出れませんし、注意しても「若造のくせに」と反発されそうです。

 

そのため、段階を踏んで、管理会社や警察に頼るのが、トラブル解決への近道です。多くの場合、管理会社に相談すれば解決するでしょう。しかし、警察に通報しても解決しないようなら、これ以上かかわらないほうが身のためです。

 

深夜の騒音、警察通報で大丈夫?

騒音は、安全や平穏に関わる困りごとですので警察への通報はアリです。

 

ネット上では、

・警察に通報した
・警察に対応してもらって良かった

などの書き込みが見られます。

 

110番に騒音を通報したら警官が来てくれる(はぴらき合理化幻想)
騒音で警察を呼ぶときの注意点など(なるトク!)

 

が参考になります。

22時~翌6時まで、この時間帯なら警察に通報していいと考えます

 

管理会社ではなく警察に通報すべき事案

先ほど紹介した「宅配便」「トイレで警告文」の事例。当事者双方の言い分があると思うのですが、宅配便やトイレの音だけで苦情を言うのは普通ではありません

 

宅配便の件は、管理会社に報告したところ、叩かれることはなくなったそうです。しかし、管理会社ではなく真っ先に警察に通報すべき事案もあります

トイレに行っただけなのに警告文を貼られた事例。もし、その警告内容が不穏で恐怖を感じるもの、金銭がらみであれば脅迫や恐喝に当たる可能性が高いです。

 

上階から床を叩く音が連日連夜であれば、夜中トイレに行ったときにスマホで録音しておけば記録できるでしょう。それも証拠となります。

警告文を貼られた件は警察に相談し解決したそうです

 

警察への通報=110番 短縮ダイヤル#9110

 

対処法:音で迷惑をかけたとき

知らず知らず他人に迷惑をかけ、非常識なことをした。無知による失敗は誰にでもありえます。隣人などから直接または管理会社などから苦情をもらった場合、大事なのは、その後の対応です

 

①素直に非を認め謝罪する

心当たりがあれば、言い訳や反論をせず、素直に非を認め謝罪しましょう

②菓子折りを持って改めて謝罪する

謝罪の気持ちを、かたちにして丸く収めましょう。

 

③騒音を出さないようにする

これがいちばん大事です。指摘があった点は改善してくださいね

 

まとめ:正しく対処してトラブルを収束させる

 

はい。今回のまとめです。迷惑を被ったときは、

 

  1. 管理会社や大家さんに伝える
  2. 深夜の騒音なら警察に通報する
  3. 引越しを考える

 

迷惑をかけたときは、

 

  1. 素直に非を認め謝罪する
  2. 菓子折りを持って改めて謝罪する
  3. 騒音を出さないようにする

 

以上が正しい対処法です。

イライラせず、お互い様という認識で

 

集合住宅に住んでいると、

 

  • 寂しくない
  • 防犯面で安心
  • あいさつで心が和む

 

といったメリットもあります。

些細な生活音、常識範囲内の騒音なら、お互い様です。些細な音にこだわり過ぎず、気になる音が聞こえてきたら手元のスマホで音楽をかけて紛らわしてみるなど、ちょっとした対策や心がけで快適に暮らしていけるものです

いまのところ、僕の部屋ではないのですが、これからも音トラブルには注意したいです。

関連記事