•   
  •   
  • カーシェアリングタイムズカープラスは一人暮らしの味方?料金・会員登録から実際に利用する流れまでを解説

カーシェアリングタイムズカープラスは一人暮らしの味方?料金・会員登録から実際に利用する流れまでを解説

郊外のショッピングモールでのお買い物や週末のドライブなど、マイカーを所有していれば便利なことはたくさんあります。
しかし車両購入のためには少なくとも数十万円はかかりますし、さらに駐車場代や保険料、ガソリンなどの維持費(ランニングコスト)もずっしりと肩にのしかかってきます。
マイカー所有に少なからず不安をお持ちの方に、ぜひオススメしたいのがカーシェアリングです。
気軽さと手の出しやすさで年々、利用者やニーズが増えているといわれているわ。
カーシェアリングの車両台数 会員数
2008年 500台 3200人
2013年 8800台 29万人
2018年3月 29200台 132万人

参照:  公益財団法人交通エコロジー・モビリティ財団の調査による概数

 

 

カーシェアリングについてくわしく

 

カーシェアリングは事前に会員登録すれば無人カーステーションで、24時間いつでも必要に応じて自動車を利用できるシステムです。

 

カーシェアリングはマイカーとはちがい、駐車場や保険料などの維持費がかかりません。そのため気軽にカーライフを楽しむことができます。

 

また利用料金も毎月後払いですので支払いの煩わしさがなく、利用しやすいです。

 

 

カーシェアリングを全国展開している主な企業ですが、

 

  • タイムズ
  • dカーシェア
  • オリックス
  • カレコ

の4社が有名です。

 

これらのなかでも最多の9000以上のカーステーションを運営しているのがタイムズです。

 

そこで今回、僕はタイムズを利用してみることにしました。

その決め手は何といっても、ガソリン代込みの15分206円からという神価格でした。

 

その代わり事前に会員登録をしなければなりません。

もちろんカーシェアリングを利用するにはさまざまな制限が課されていますので、入会する前に一度、その確認を忘れないようにしたいものです。

 

 

例えばタイムズ カー プラスであれば、ペットを車両に乗せることは禁止されています

また電子タバコも含み禁煙です

 

当たり前ですが、自分名義のクレジットカードと免許証を持っていなければ入会はできません。

クレジットカードを持たない主義の人も昔は多かったけど、今はクレジットカードを持っていないと利用できないサービスもあるから、社会人として1枚は作っておいたほうがいいわ。
ただし使い方に注意してね。
大人として、私のような未成年にも説明ができるような良識ある使い方をしてほしいな…
それでは僕が実際にタイムズ カー プラスの利用をしてみたときのレビューをご紹介していきます。

 

 

一人暮らしをしている僕のタイムズ カー プラス体験談

 

実をいうと通勤するために車を所有しているのですが、額は大したことはなくても家計を圧迫しているのは事実なのです。

 

 

通勤で使っていますので手放すという選択肢はないのですが、

 

電車やバス通勤をしている一人暮らしの方にとってはカーシェアリングのほうが便利なのでは?

 

そう思い検証してみることにしたのです。

 

それでは実際に入会するところから説明していきますね。

 

入会申し込み

 

カーシェアリングのサービスを利用する前にまず、氏名・住所・運転免許証やクレジットカードの情報などを登録しないといけません。

実はまだ家から一歩も出ていないんですよね。
しかも今、夜なんです。

 

画像のとおり

・クイック入会
・インターネット入会
・カーシェア説明会
・無人入会機

 

 

 

の4種類のなかから入会方法が選べるのですが、僕はスマホによるクイック入会を利用して登録しました。

 

スマホで会員登録をしたあと、最寄りのタイムズカーレンタルの実店舗で会員カードなどを受け取りました。

 

予約申し込み

 

会員カードを受領したあと、早速、会員番号とパスワードを入力し、スマホからログインし予約を試みました。

上記画像のように、自宅や職場の近くなどにあるタイムズのカーステーションを検索し、

 

・利用したい車種
・利用開始時刻
・利用したい時間(15分~)

 

などを入力します。

 

僕は今回、手始めにスズキのソリオを15分間、乗ってみよう! と思い、予約してみました。

 

向かって右側の車両がソリオです。
なかなかよさげでしょ?
ねえねえ! どうして誘ってくれなかったの?
ドライブ行きたかったな…
ゆうかさん、15分だけなんですよ…
ゆうかちゃん、やっぱり、うちの子に気があるのね…

 

 

 

借りたクルマの解錠

 

会員カードをTOUCHの部分にかざすと車両ドアが開錠するようにシステム化されています。

 

そして発車する前にクルマの前に置いてあるスタンド看板を必ず移動させておいてください。

 

実際に運転してみた

 

クルマのドアを開け、運転席に座ったあと助手席前のダッシュボードを開けます。

 

写真を見ていただければわかると思うのですが、ダッシュボードのなかにキーが差してありますので、このキーを回します。

 

キーは 貸出⇔返却 になっていました。

 

 

そしてエンジンをかけて運転スタートです。

ちなみにですがエンジンボタンはキーとは別で、ソリオの場合、ハンドルの右側奥にあるボタンを押します。

 

 

もしも長距離運転をして、ガソリンがかなり減ったときは車内にある給油カードを利用し給油しましょう

 

体験してわかったことなのですが、15分単位の料金プランを選択していた場合にかぎり

・20リットル以上給油したとき
・洗車したとき

それぞれ15分ずつ無料で利用時間延長が認められています。

いわゆる徳を積めばお得になるってやつだな…

 

このように停車してからスマホで車窓風景を撮ってみました。

 

車内も快適でした。

普段乗らないような車種に乗るのは車検の代車以来ですかね…

やっぱり、なんか楽しそう。いいなぁ…

 

運転したクルマを返却

 

ひととおり運転してみたあとスグにカーステーションに戻り、バックで枠線のなかにクルマを入れ停車させ、エンジンボタンを押して停止させました。

 

最後にダッシュボード内のキーを回し返却します。

クルマを降りたあと再びTOUCHの部分に会員カードをかざして施錠します。

 

最後にスタンド看板を、元の位置に戻すのをお忘れなく!

 

タイムズ カー プラス試乗の感想

 

タイムズ カー プラスのカーシェアリングを利用してみての感想ですが一言、とてもカンタンで手軽なものでした。

 

レンタカーのように事前に店舗に行って、しばらく待つこともなければ、返却時にスタッフによる確認なども受けなくて済むのも時短につながると思いました。

 

とくに週末だけしか乗れない方にとって、必要なときに必要な時間と費用をかけるだけでいいため、コストパフォーマンス的にも最高なのではと感じました。

 

 

前利用者によるペットやタバコの利用痕跡などももちろんなく、車両はとてもきれいに整備されていました。

前述したとおり初めて乗ったソリオでの運転も快適でした。

 

気になるのが車種ごとに運転操作方法がちがいますので、実際に乗りこなせるかどうか不安に感じるかもしれないという点ですが、タイムズ カー プラスの公式ホームページに車種ごとの操作方法が説明されているYouTube動画がありますので、それを観ればいいのです

 

 

YouTubeのアプリが入っていればスマホで、しかも車両の前で確認もできます。

 

予約・動画とスマホがあれば24時間いつでも気軽に利用できる点はとても便利だと思いました。

 

最後にタイムズ カー プラスの概要をお伝えしておきたいと思います。

 

まとめ タイムズ カー プラスの概要

 

ここでは最もお得な15分ごとの利用について概要を説明しておきます。

・カード発行料1,550円
・月額基本料1,030円(ただし毎月1,030円分無料利用ができます)
・ガソリン代、補償※込みで15分206円~
・すべての車両が6時間4,020円
・予約時間ではなく実際に使用した時間分だけ請求される
・距離料金は請求されない
・キャンセル料も1分前までならかからない

 

※補償内容は、対人補償、対物補償、車両補償、人身傷害補償です。

搭乗者傷害は付保されていません

 

僕は一人暮らしで普段あまり車に乗らない方ならカーシェアリングで十分、いえ存分に活用できると思いました

 

関連記事